インプットその2

2018.09.26
こんにちは。深澤です。
9月も終わりを迎え、ようやく過ごしやすくなりましたね。
今年の夏は本当に長かったです><
梅雨明けも早く、猛暑日が続き、辛い毎日でしたね><
9月は1年の中で一番昼夜の気温差が激しいそうです。
そのためかコンビニで一番おでんが売れるのも、9月だそうです。
季節の変わり目は風邪をひきやすいので、お体には十分お気をつけくださいね!
先日建材・住設メーカーのLIXILさんが主催する、
関西ビルダーフォーラムOB会に参加してきました。
ビルダーフォーラムとは、LIXILさんが中心となり、
関西圏の各県から工務店やビルダーが数社選ばれ、
情報交換や他社間の交流を目的とした会です。
弊社は前年度参加させていただき、今回はそのOB会でした。
今回は新建新聞社の三浦社長のゲスト公演があり、
すごくためになるお話を聞くことができました。
新建新聞社さんは、「新建ハウジング」という住宅関連業者向けの専門誌を発行され、
三浦社長もその編集長を務められていました。
一般のお客様が見られるような雑誌ではありませんが、
住まいづくりの最新の情報が発信されており、愛読している建築業者さんも多いと思います。
今回のお話の中で、「Amazon」と「Apple」、あなたはどっちの住まいづくりをする?
というお話がありました。
えっ?どっちも家づくりと関係ないのでは?
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。
確かに2社とも住まいづくりとは関係ありませんが、例えたときにすごく分かりやすくなります。
「Amazon」はネット販売の最先端を進む会社で、私もよく利用します。
数多くの品揃えを誇り、朝頼めば、その日の夕方には届く便利さ。そして価格も安く。
本当にありがたいものです。
この背景には店舗をもたず、スタッフもできるだけ少なく、
最大限、効率を重視したモデルです。
その半面、「Apple」はどうでしょうか??
持たれている方が多い「iphone」は、こだわったデザインでわかりやすく使いやすい、
そして携帯電話としてはありえないほど高価。
商品展開を多くせず、店舗でもスタッフが丁寧に対応。
「Amazon」とは反対のイメージですね。
では住まいづくりではどうでしょうか??
一つは効率を上げ、できるだけ手間をなくし、価格を安くして提供する。
そしてもう一つは、1つ1つ丁寧に作り上げ、手間をかけ美しく仕上げ、高級な住まい。
どちらの住まいづくりが良いでしょうか??
人それぞれの価値観はあるかと思いますが、SUBACOでは後者を突きつめていきたいです。
一人ひとりの住まい方に耳を傾け、十人十色の家づくりを実現した、心地よい住まい。
そんな家づくりを進めていきたいですね!
今回の三浦社長のお話は、そんな原点を振り返えさせていただけるような講演でした。
インプットしたことをアウトプットできるよう、日々がんばります!!