秋の雲

2018.10.13

こんにちは。安良城です。

ここ数日、急に寒い日が続いていますね!

季節の変わり目で、体調を崩しやすい

のでみなさま、お気をつけくださいね。

以前、ブログでアップいたしました、

秋の空。最近も帰宅途中に、写真を

撮ってしまいます(.∀.)

ということで、本日は秋の空。

雲についてお話したいと思います。

【秋空】とは秋の空の澄み渡った空を

指すそうです。

秋の天気は変わりやすいところから、

人の心や愛情などが変わりやすいことも指すそうです!

秋になると、なんとなく切ない気持ちに

なるのは秋空の仕業なのでしょうか。。

秋の雲。

巻雲(けんうん)

雲の仲間の中で一番高いところにできる雲です。

ハケで掃いたように見えることから「すじ雲」とも呼ばれています。

巻積雲(けんせきうん)

秋の雲の代表的な雲です。

細かな雲の粒がたくさん集まって

できている雲で「うろこ雲」や

「いわし雲」と呼ばれ親しまれています。

私が以前、紹介した雲はこちらの雲ですね♪

高積雲(こうせきうん)

雲のようすが、羊の群れのようにも

見えるため「ひつじ雲」とも呼ばれます。

巻積雲よりはひとつひとつの雲

(雲片といいます)が大きく厚いため、

雲の底に薄灰色の影ができ、

横方向から光がさす朝方・夕方には

特に美しい姿を見ることができるそうです。

いろんな雲がありますね(*^^*)

空の表情が変わりやすい秋。

季節を思いっきり楽しみたいと思います♪