無垢フローリングの施工

2017.11.17

こんにちは。深澤です。

モデルハウスの工事が進み、今回はフローリングの施工についてご紹介します。

SUBACOのお家では、無垢の木を使ったフローリングのご提案しています。

モデルハウスでは、オークの無垢のフローリングを採用させていただきました。

無垢のフローリングの特徴として、乾燥収縮が懸念されます。

フローリングが乾燥し縮んだり、湿気で膨らんだりすると、

木と木の隙間が大きくなったり、ちいさくなったり、

時期によって変化が出てきます。

そんな乾燥収縮に対応するため、現場では隙間を空けながら施工していきます。

青い色の付箋みたいなものが、フローリングの間に隙間を入れるための材料です。

名刺程度の隙間を作り、フローリングが変形しても影響が出ないよう施工します。

一手間かけることで、お住いいただいてからの住み心地も変わってきます。

SUBACOでは、一つ一つ丁寧に施工をします。

フローリングは仕上げの材料です。傷があってはいけません。

フローリングを施工しては、きっちり養生(傷がつかないようにカバーすること)する。

順序よく施工します。

モデルハウスでは、オークのラスティック素材を使用しました。

ラスティックは少し節が残ったもので、男らしい「かっこよさ」みたいなイメージを持っています。

素材がナチュラルなものでもナチュラルすぎず、

木の節が見え隠れすることで、無骨さを出すこともできます。

またモデルハウスの床は、「乱尺貼り」で施工をしてもらいました!

一定の決まった寸法のフローリングを貼るのではなく、

1枚1枚の寸法が違ったフローリングを不規則に貼ることで、

ラフを出したものになっています。

ぜひそんな1面もみていただけたらと思います!!

11月23日?の見学会、ぜひご参加くださいね!!

http://www.sumai-jp.com/subaco/event/