製本前会議

2020.03.04

こんにちは、小林です。

今日は3月3日、桃の節句です。

とはいえ、私は夫婦ふたりなので特別なことは何もする予定はございません。笑

女の子がいらっしゃるご家庭は雛人形を飾ったり

ちらし寿司を召し上がったりするのでしょうか(*´ω`*)♪

本日は「製本前会議」というものがありました!

こちらは各物件ごとに社内で行う会議で、

図面を完成させるために行う設計段階では最後の会議です。

会議に備えて各担当が、全図面を前もってチェックし製本前会議に挑みます。

会議自体も時間をかけてみっちり行いますが、

その会議に向けての図面チェックは私は1日がかりのお仕事です。

全図面合わせると、膨大な情報量ですが、

そのすべてを正しく書き上げる必要があります。

図面上では小さな間違いでも、その間違いが現場での混乱を招いたり、

ときにはお客様に御迷惑をおかけすることになってしまったり、、

そんなことにならないよう、ひとつひとつミスなく仕上げていかなければなりません。

そして、そのような図面チェックや製本前会議で出た内容を

修正、改良したものが最終の図面となり、一冊の図書ができあがるのです。

こちらの図面は各担当や大工さんなど現場の方々とお施主様にお渡しします♪

次回のブログでSUBACOの製本図書の内容をご紹介したいと思います。

ぜひ、お読み頂ければ嬉しいです(*´ω`*)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました♪