【水回りにおすすめ】やさしい床材 「BOLON」

2022.02.25

神戸・西宮・明石を中心に注文住宅を施工しているatelierSUBACOです。

今回はSUBACOで水回りによく使う「BOLON」という床材についてお話します!

こちらの床材です。

無垢フロアと漆喰の壁にマッチした優しい色合いです。

SUBACOの施工例を沢山みていただいている方にはお馴染みかもしれませんね。

少し畳にも似た見た目をしているこちらの床材が「BOLON」です。

──「BOLON」とは?

スウェーデン生まれのビニル織り床材で、使いやすさやメンテナンス性に優れているだけでなく

33%のリサイクル素材を利用していて、実は環境にも配慮した素材を使用した地球にやさしい素材なんです。

ワールドクラスの環境認証を取得した商品で、

世界中の、住宅だけでなく店舗やオフィス、病院などの施設で使用されています。

──「BOLON」の良いところ

●耐久性、耐摩擦性に優れていて劣化しにくい

 爪でひっかいたり家具をひっかけてもほつれないので、ペットがいるご家庭でも使いやすいですね。

 最近キャスター付きの洗濯機置きを使うご家庭も多いですが、

 耐キャスター性もありキャスターを使っていてもへたらないほどの耐久性があります。

●汚れにくくお掃除らくちん

 見学会では、ゴミがつまったりしない?と聞かれますが、

網目がしっかりしているのでホコリやゴミも入りにくく、また、

シミもつきにくい撥水性があるので

 以外とお掃除がしやすいんです。

●素足にやさしい肌ざわり

畳のような触り心地で、タイルのようなひんやり感がなく快適です*

程よいグリップで滑りにくいのも特徴で、小さいお子様や、お年寄りの方、ペットにも安心ですね。

SUBACOのおうちづくりは、長く、気持ちよく暮らせるおうちを

目指しています。そんなおうちづくりにぴったりの商品です😄

フロアタイルやクッションフロアなど、水回りの床材にも

色々ありますので、今後また紹介していきたいと思います!

今回はやさしい素材「BOLON」についてでした♪

atelierSUBACO

—————————————–

注文住宅/水回りの床材/ボロン/自然素材/兵庫注文住宅/神戸注文住宅