はじまりの春

2017.10.22

2017年4月、はじめてのミーティングが行われました。

「小さな家」というキーワードが見つかり、

お家の特徴やデザイン、こだわりや仕様などを議論しました。

「小さくても、心地よく豊かに暮らす。」ということを軸に、

このブランドで大切にしたいところをまとめました。

緑がそばにある暮らし。

心地よい空間。

軒のある家。

自分だけのとっておきの居場所。

などなど

様々な新しいキーワードが生まれました。

ではそんなイメージのあるものってなんだろう??

抽象的に表現したらどんなものなんだろう??

そんな右脳をフル回転しながら話し合いが進みました。

木々の中に小さくあって、中は鳥たちがくつろいでい、とっておきの居場所。

そして、それって 「鳥の巣箱」 に似ていない??

それがブランド名が生まれた瞬間でした。

「subaco」

それを聞くだけでイメージがしやすく、誰からも愛されるようなネーミング、

満場一致で決定しました。

長時間のミーティングでしたが、これから始まるブランドの命名は、

子供に名前をつけるような感覚で、これからの期待がすごく膨らみました。

名前が決まり、ロゴの作成やホームページの制作が始まります。

多くの方々に知っていただけるブランドになることを祈ります。

ライターさんとのミーティング