現場監督の仕事⑧(土台敷の検査)

2022.10.31

さて前回で基礎の検査が終わり

いよいよ今回から木工事における検査に入ります

初回はまず土台検査!

具体的には

①土台が図面通りづれなく配置され、かつアンカーボルトと土台が緊結されているのか?

②鋼製束が図面通り配置され、かつスラブ及び大引きに緊結されているか?

⓷大引きが図面通り配置され、かつ土台と緊結されているか?

④基礎パッキン・気密基礎パッキン・断熱気密パッキンはそれぞれ図面通り配置されているか?

をひとつひとつ全数チェックしていきます!

またそれらの確認すべてが終わった後で

⑤土台は水平に設置されているか?

ということを今度は水平器をすべての土台にあて確認します

水平については基礎完了検査に時にすでに確認していますが

ダブルチェックの意味もあって、この土台が据わった段階でも必ずチェックします

そして最後に

⑥床断熱材もしくは基礎断熱の確認

をして土台敷の検査が完了となります

さて何事も土台が大切という土台が完成しますと

次はいよいよ木造住宅におけるメインイベント?

上棟ということになります

ということで

次回は上棟時における現場監督の仕事です

ではまた!