現場監督の仕事⑨(上棟時の検査)

2022.12.14

本日は上棟でした。

現場監督としては一番緊張する工事ですね!

安全第一で予定していた工事がすべて終え

ほっとした気持ちでブログを書き始めた次第です

というわけで

上棟時は高所作業やクレーンによる材料の搬入作業等

危険作業がつきもののため

現場管理の一番の仕事は安産管理!

ということになりますが

それ以外でも

上棟後すぐに見えなくなってしまう部位

例えば

①垂木の鼻先等がタルキックと呼ばれるビスで締められているか

②外周部の金物のボルトがしっかり締められているか?

⓷野地板は指定の釘で定められたピッチで打たれているか?

といった

上棟時のタイミングでないと

すぐに合板や防水シートで塞がれて見えなくなる部位については

上棟の合間で

タイミングを見極めながら、きちんと確認する必要があります

何にせよ上棟はとにかく木工事における一番のイベント?であり

大変おめでたい日であり

大変緊張する日であり

結果

とても疲れる一日でもあり(笑)

というわけで今回はこのあたりで

次回は屋根の防水シートの検査となります