2018年 SUBACO通信はじめました。

2018.03.16

2018年 第1号

こんにちは。深澤です。

3月よりSUBACO通信がスタートしました!!

このお便りでは、住まいづくりのポイントをご案内させていただきます!

ぜひ参考にしてくださいね!

神戸迎賓館に行ってきました。

2月は奥さんの誕生日で、お祝いに2人で神戸迎賓館(旧西尾邸)に行ってきました!

1919年に建築された邸宅で、兵庫県指定重要有形文化財にも認定された建築物です。

昭和初期の神戸で「社交界の華」と称された建物で、

ヨーロッパで流行したアール・ヌーヴォーの流れを汲んでいます。

設計は関西を中心に活躍した建築家で、初代通天閣を設計した設楽貞雄によって手がけられました。

歴史のある建築物を見ることができ、良かったです!!

料理もすごく美味しくいただきました!

子供も預かってもらい、久しぶりの夫婦水入らずの時間を過ごすことができました。

皆様もぜひ一度行ってみてくださいね!!

事務所がオープンしました。

2月3日、事務所がオープンしました!

くつろいで打合せができるよう、一般のお家に近い仕上がりになっています。

床は無垢の木を使ったフローリング、

壁は天然のしっくりを塗装し、自然素材いっぱいの事務所に仕上がりました☆

SUBACOのイベントにご参加いただいた方には、

オリジナルスケールのプレゼントもあります。(先着30名さまの限定です。)

小さな家を考える

SUBACOでは、「小さな家で心地よく豊かに暮らす。」をテーマに家づくりをしています。

今回のテーマは、「窓」です。

窓にもいろいろな窓があります。

樹脂製やアルミ製、そしてアルミと樹脂を複合したもの、様々な種類があります。

窓に求めるものは何があるでしょうか?

断熱性、機能性、防犯性、プライバシーや眺めなど、たくさんの要素がありますね。

SUBACOのお家では、LIXIL製の「サーモス」という商品を採用しています。

断熱性に優れ、窓の縁が小さく、まるで壁の一部を切りとり、外の風景を絵のように取り入れることができます。

ピクチャーウィンドウと呼ばれたりしていますね。

またこの窓は、外側がアルミ、内側が樹脂でできており、外の冷たさが窓を通じて、

内側に伝わりにくくなっています。これが冬場の結露防止にも繋がります。

断熱性、機能性、防犯性、プライバシーや眺めなど、窓はどれか一つだけが良いということではいけません。

どの項目もバランス良く、そして高い性能であることが重要です。

「他は欠けるけど、断熱性だけがいい!」

というわけにはいかないですね。

SUBACOのお家では、そのバランスの取れた商品を採用しています。

ぜひ一度、実例で見てみてくださいね!!

あとがき

4月には、SUBACOの新しいモデルハウスがオープンします!!

パッシブデザインを取り入れ、デザイン性を高めた、小さな家で心地よく、

そして豊かに暮らすためのポイントがたくさん!

このモデルハウスは4月の1ヶ月間、限定開催を予定しています。

ぜひ今後のお便りをチェックしてくださいね!!

それでは、今月はここまで☆

来月も宜しくお願いします♪

はじめてのSUBACO通信はここまでです。

次号をお楽しみに!!!