気密測定実施!

2018.04.12

こんにちは。深澤です。

先日ご案内しました、SUBACOの新モデルハウスができあがり、

引き続き、オープンハウスを行います!

4月14日(土)、15日(日)

AM10:00 から PM17:00まで

ぜひ皆様ご参加くださいね!

さて、神戸市東灘区で新しく工事が始まった現場ですが、

着々と工事が進んでいます。

先日、「気密測定」を行いました!

「気密とは??」

これはお家の隙間を表すものです。

隙間が大きいと、夏は暑い空気が入ってきたり、冷気が逃げてしまったり、

冬は隙間風で家の中が寒くなってしまったり。

隙間は少ない方がいいです。

しっかり隙間をなくし、しっかり換気計画もしないといけないですね。

SUBACOのお家では、板の隙間や窓の隙間、

そこら中の隙間を徹底的に塞ぎます!

外周のボードとボートの隙間をきっちりテープで気密します。

窓まわりは比較的気密の弱点になる場所なので、

入念にテープを貼り、気密をします。

気密処理と断熱工事ができたら、最後は気密測定を行います。

こんな機械を使って、お家の隙間を測定します。

隙間は、「C値」と呼ばれる数値で、気密の程度を確認します。

C値とは、相当隙間面積とも言われ、

1m2中に何cm2の隙間があるかと表しています。

この数値は少なければ、少ないほど隙間が少なく、気密されているということです。

結果は・・・。

「0.4cm2/m2」が結果でした!!

一般的に考えると、この数値はかなりいい数字です!

機械は小数点第1位しか出ませんが、実際には「0.375cm2/m2」でした。

かなり気密が取れており、安心しました(^^)

どんな気密になっているのか、建築現場を見ていただくこともできますので、

ぜひお申し出ください!!