板張り工事

2018.04.26

こんにちは。深澤です。

現在工事中のお家では、現在板張り工事が進んでいます。

外壁はガルバリウム鋼板を採用いただきましたが、

一部、玄関先や軒裏に天然木を施工しております。

天然の木を貼ることで、外観に温かい雰囲気を持たせることができたり、

樹木によっては、和風に仕上げたり、モダンに仕上げることができます。

今回のお家では、レッドシダーという木を使いました。

外部に木を使うと、メンテナンスが気になる方も多いですね。

たしかにその通りです。

ほったらかしにしてしまうと、木が痛み、変色したり、

みすぼらしい見た目になってしまいます・・・。

そんな経年変化のダメージが好き!という方もいらっしゃいますが、

ある程度のメンテナンスも必要です。

そのため、2階の壁や破風(屋根の先)に木を使ってしまうと、

メンテンスのために足場を作る必要があり、手入れが大変です。

SUBACOのお家では、できるだけメンテンスをしやすいように、

脚立で作業ができる、1階部分や屋根の裏側にのみ使用し、

見た目のキレイさとメンテンスのしやすさを両立した計画をしています。

メンテナンスは避けたいところですが、ちょっとした塗装をしたり、

手を加えるで、お家への愛着が増えてきます。

住んでからも家づくりができる、そんなお家も素敵ですね!

ぜひ皆様も参考にしてみてくださいね!!

※軒裏のレッドシダー