手書き図面について

2018.05.31

こんにちは、深澤です。

もうすぐ梅雨入りですね・・・。

雨の日が多くなり、ジメジメした季節のはじまりですね・・・。

熱中症が流行りますので、お体には十分お気をつけくださいね!!

さて、今日は「手書き図面」についてです。

SUBACOのお家を計画しているとき、よく手書き図面でご提案させていただきます。

「ん?それ以外あるの?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、

CADで書いた精密な図面や、色付けしたわかりやすいプラン図など、

様々な図面があります。

CADで書いた図面は、mm単位まで表現することができ、

正確な図面を作る場合は、手書きよりCADを使うことが多いです。

結構具体的に表現できたりします。

手書きで書いた図面は、mm単位まで表現せず、ある程度ざっくりしていますが、

あたたかみがあり、「暮らし」をイメージしやすいような感覚を持たれたりもします。

色も入ったり、影を入れたり、その家の「暮らし」がイメージしやすいです。

正直、どっちがいいというのは、その設計士によって考え方が異なりますが、

表現するものによって、その図面の表現方法を変えることが大切だったりします。

例えば、ざっくりしたプランを表現する場合には、手書きで表し、

現場で使う施工図を書く場合には、詳細にCADで作図する。

などなど。

その図面を見た方々が分かりやすく、理解しやすい表現をすることが、

設計にとって大切なのではないかと思います。

まだまだ手書きが下手くそですが、イメージしやすい図面が書けるよう、

がんばります!!

さっと書いた階段スケッチ・・・。

まだまだだなぁ?・・・。