建築のたてもの

2018.06.12

こんにちは。安良城です。

とうとう梅雨入りしましたね。

雨やジメっとした天気が続きますね。

私の家では、洗濯物を部屋干しし

家の中もジメジメしています(笑)

今日は広島の建築物を紹介しようと思います。

以前から気になっていた建物

なのですが、家が近いにもかかわらず、

1度も行ったことがないのです(笑)

お盆の帰省時に行こうかなと考えています。

さて、その建物とは…

広島の「新白島駅」という駅舎です!!

この駅は広島にあるアストラムライン

という乗り物が乗れる駅なのです!

広島では「アトム」と呼んでいます♪

こちらの駅。建築の雑誌などによく

載っていて、私が持っている建築の本

にも載っていました。

広島の中心街からあまり遠くない

場所にあり、観光客の方も多く

来られています。

JR山陽本線・山陽新幹線と、

アストラムラインの結節点に誕生した

新駅。円筒シェルは9mm厚鋼板が

白く塗装され、地上と地下が一体化した

空間が広がるように設計されています。

また丸く開けられた大小のトップライト

からは自然光が降り注ぎ、天気や時間に

よって幻想的な空間をつくり出します。

シーラカンスアンドアソシエイツという

設計事務所さんが設計されています。

学校などの施設や建物を数多く設計し、

たくさんの賞も受賞しています。

実際に駅ができる前のパースがこちらになります。

この発想力や、デザイン性、

様々な要素を詰め込んだ設計は

本当にすごいなと思います。

広島に行かれた際は、ぜひ行ってみてくださいね♪